スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホオノキ(朴の木)

5月初旬の写真です。この葉はなんだろう・・・
知らないお宅の庭にあったのでこっそり携帯で撮って、調べてみたらホオノキでした。
芽吹きのころはこんな葉なのですね。





それから何度かそのお宅の前を通る機会があったので
その度に写真におさめさせていただきました。(^^;;
蕾の状態です。


  ↓
  ↓


  ↓
  ↓
大きな白い花が咲きます。


  ↓
  ↓
色が変わってきました。これで花びらが落ちます。


  ↓
  ↓
このように





最初に見たときはこんな感じでした。(5月初旬)



そして今は花も終わり、緑色の大きな葉が元気です。



実はこのホオノキのあるお宅は、まったく知らない方のお宅だったのですが、
ある日こっそり写真を撮らせてもらっているとお家の方が・・・(^^;;

『きれいズラ?もっと近くに来てしっかり見ましょ。』(←信州弁)
とても優しいおばさんでした。

ホオノキは『朴葉味噌』や『朴葉巻き』で知られているようにいい香りがします。
大きな葉っぱなので、昔の人はお皿やコップ代わりに使ったそうです。


花も何ともいえないいい香りです。
大きな花なのに一日しか咲かないそうです。


おばさん『うちで植えた覚えはねえだいね。鳥が運んで来てくれただかいねぇ。
へえ20年くれえになるかいねぇ。花が咲いたときはそりゃあ嬉しくてせ、みんなに見に来ましょって言っただいね。』(←信州弁 へえ=もう)

気さくなおばさんで『こっちぃ来ましょ』(こっちに来てごらん)と屋敷の中に案内され、
きれいな花をたくさん見せてもらいました。

信州弁、なかなかよいでしょ?(笑)



余談ですが、この朴の葉は、ホタルの幼虫の餌であるカワニナの大好物です。
カワニナを飼っている水槽の中に朴の葉を入れると、繊維だけを残し、きれいに食べてくれます。
あいにく写真がありませんが、またの機会に・・・m(__)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ふわまるさんこんばんは~。
朴葉焼きってどうして葉っぱは焼けないのでしょうかね??昔から疑問なのです。
私の父は山梨弁ユーザーです(笑)

Naoさんおはようございます~。
そうなのです。私も疑問でした。朴葉焼き、葉っぱが焼けないのはなぜでしょう!
お父様は山梨弁ユーザーでございましたか!
隣県なので信州弁との会話もはずむかもしれませんね。(笑)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
視力検査してみてね。表示されない時は更新ボタンを押して下さい。
プロフィール

ふわまる

Author:ふわまる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。