スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やしょうま

近所のおばちゃんに「やしょうま」作りに誘われ、公民館に行ってきました。(土曜日)
お釈迦様の亡くなった日(2月15日)にお供えするというのが「やしょうま」です。
「やしょうま」は、お釈迦様が亡くなられる前日に弟子(やしょ)が、食欲のないお釈迦様に差し上げた食べ物で、
とても美味しく頂いたお釈迦様が「ヤショー、うまかったぞ」と言って亡くなられたそうで、それから「やしょうま」と呼ばれるようになったという言い伝えがあります。

簡単に言いますと、お米の粉の金太郎飴のようなものですが・・・

米粉にお砂糖、塩少々を加え熱湯を入れ、混ぜ、蒸します。



蒸しあがったものをこねます。
粉に色をつけます。食紅でもよいのですが、今回は食紅のほかに
インスタントコーヒーや粉茶などを使いました。

金太郎飴のようにするには、切った際、絵になっていないといけません。
断面を想像しながら桜に挑戦です。
さてさて!どのようになるのでしょう!




をぉ~~!さくらです!
yasyo7.jpg


この状態で直径が10cmくらいです。
これを直径5cmくらいまでのばします。

「やしょうま」の完成です。



この説明ではよくわからないと思いますが(^^;;
楽しかったですよ。
子供たちも10人ほど参加し、ねんど感覚で遊んでいました。
素朴な味で美味しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ふわまるさんこんばんは~。
何か凄いですね!!
初めて拝見致しました。桜の木もお見事です!(^-^)

Naoさんおはようございます~。
やしょうまって見事ですよ。名人の方はすごい絵を作っています。
あまりにも見事なやしょうまは食べるのがもったいないので
公民館で作った桜の木はちょうどよい出来具合でした。

金太郎飴のような感じに出来るんですね。
本当、おもしろそうですね。
味付けは甘いのですか?

おもしろいですよ~。
砂糖はお好みで入れればよいのですが、
今回はあまり甘くせず、素朴な味でした。
絵ができると感激ですよ~。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
視力検査してみてね。表示されない時は更新ボタンを押して下さい。
プロフィール

ふわまる

Author:ふわまる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。